ぐりこぶろぐ

なかよち双子と”ぬれねずみ”の3人で運営しているweb shop。
youbi
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PROFILE
push
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
RECOMMEND
ときめきメモリアル Girls Side 3rd Story
ときめきメモリアル Girls Side 3rd Story (JUGEMレビュー »)

DS買おうかな。迷っちゃうな。また、腐女子化して、外界に戻って来れないかな。肘に床ずれできちゃうよ。
ときめきメモリアル Girl's Side 1st Love Plus
ときめきメモリアル Girl's Side 1st Love Plus (JUGEMレビュー »)

ゆきえださん。数年前に貸したのを覚えていますか。返してください。
MOBILE
qrcode
OTHERS

ezカウンター

<< プラ板ワークショップに向けての修行中。 | main | 東洋経済オンラインに 私のインタビューが掲載されてるでし! >>
head

ぱんだちゃんのマヤ暦占いの裏では。

5月22日(金)
いつか一緒に何かできるといいねっていって早4年、喫茶せいざんで ぱんだちゃんのマヤ暦占い1dayを開催させていただきました。



予約開始2日間で満席になり、本当に嬉しくて楽しみで、でも、ドキドキしながらこの日を迎えました。

今日来てくださった皆さん、 遠方から来られた方もいらっしゃいました。本当にありがとうございます。
ずっとお待たせしていた方もいらっしゃいましたが、ようやく 開催できることになって本当にほっとしています。


皆さんが少しでもすっきりと、迷いなく、小さな覚悟と決意を元に、一日を過ごすことができたとき、その成果は本当に想像以上だということに、気づいてもらえたらという気持ちでいっぱいです。

さてさて。



実は、そんなマヤ暦占いの最中、彼の密かな冒険がスタートしておりました。
私の家から喫茶せいざんまでは、軽く一駅分あります。
彼は、せいざんまでは何度も車では来たことがありましたが、一人で来るのも、徒歩で来るのも初めて。

学童より、冒険を選んだこうたん。
私のお手製の地図で、本当に辿り着けるのか。

もし、道がわからなくなったら、コンビニの店員さんに、こう伝えなさいとか、幾つかの約束をして、私は待っていました。

走って顔を真っ赤にしながら、やってきたこうたん。

知らない道を、小学校2年生が走っている姿を想像すると、泣けてきます。


私の小学校2年生の頃は、こんな遠くまで一人では来れなかったな。とか、
迎えに来てよぉ。と朝に泣き付かれても当然の大冒険への決意を思ってみたり。


自分の子供だからとかではなくて、
一人の人間として、彼は すごいなって 思います。

話を聞いてるのか聞いていないのか。
素直すぎて要領がイマイチとか。


こうたん、偉いよ!すごいよ!


こうやって、一つずつ自信をつけていってくれたらいいな。

かっこいい男を目指して!
| ゆかりだ | きいこblog おで日記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
foot

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gurikoblog.noniwa.com/trackback/746
この記事に対するトラックバック