ぐりこぶろぐ

なかよち双子と”ぬれねずみ”の3人で運営しているweb shop。
youbi
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PROFILE
push
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
RECOMMEND
ときめきメモリアル Girls Side 3rd Story
ときめきメモリアル Girls Side 3rd Story (JUGEMレビュー »)

DS買おうかな。迷っちゃうな。また、腐女子化して、外界に戻って来れないかな。肘に床ずれできちゃうよ。
ときめきメモリアル Girl's Side 1st Love Plus
ときめきメモリアル Girl's Side 1st Love Plus (JUGEMレビュー »)

ゆきえださん。数年前に貸したのを覚えていますか。返してください。
MOBILE
qrcode
OTHERS

ezカウンター

<< 女子編 お勉強は キラキラなの! | main | 北海道コンプレックス >>
head

ココロノクスリ 

これは、こちらのキャンドルの商品名。

年末。お友達のお子さんが亡くなりました。
もっと、忠実に言うと、お友達のお子さんじゃなく、そのお子さんと私が、その子が1年生の時に、お友達でした。

私が芦屋に定住する最大の理由である15年来の親友の家と、私の前の家のちょうど真ん中に、その子の家があって、
妊娠中の私の家に、時々遊びに来ていた子です。

でもね、全然覚えていない。
そのころ、私の家には、たくさんの子どもたちが遊びに来ていて、そのうちの一人。

でも、心がちくちく 痛くて痛くて。


その子を知っている子どもたちが、こうたんを見ると、こうたんに似ていると口々にいうそうです。

動きとか、しゃべり方とか、雰囲気とか。


今、こうたんが小学校1年生。
その子が私の家に遊びに来ていたのも、小学校1年生。


誰も誰も、将来のことはわかりません。
まさか。 が起こるのが人の生きる道。

その時に、このネーミングのろうそくを、見て、買おうと思いました。
その子のお母さんはもうご実家に帰られていて、母子家庭で 親一人子一人だったそうです。
お線香をあげることはできませんが、
このろうそくの灯を見る時は、こうたんと彩乃ちゃんと、精一杯育てようという気持ちを再確認しよう。と思って購入しました。



最近、はんこネタより、子どもの勉強についての 記事が多いのも、実はこのことが 大きく影響しています。
精一杯育てるということは、 自分の時間を精一杯、子どもに向けること。

子どもと一緒にいることのできる日常を、いつまでも日常に感じられる人生を望みながら、その日常は当たり前ではない。




こちらは、「小さな世界」という名前のキャンドル。
色がかわいくて購入しました。

私の小さなセンチメンタルな自己満足ではありますが、
こうたんに 似ていた 彼のためと、子どもを育てることの喜びを再確認できたしるしとして、時々、お供してもらおうと思っています。

こちらで購入できます。
http://www.iichi.com/shop/makuo

FBページはこちらです。
https://www.facebook.com/makuozakka

写真は、まくお雑貨店様から許可をいただいて掲載させていただきました。
















 
| ゆかりだ | - | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
foot

この記事に対するコメント

ご購入していただきまして、誠にありがとうございました!
ご購入にいたる経緯を知って、とても共感しました。
日常はあたりまえではないという事。
大事な事は、すぐ忘れてしまいがちですけど、
いつも心にとどめておきたいです。
佐久間大治 | 2015/02/04 10:42 AM
本日、届きました。
とても いいものを購入できたと思います。
早速子どもたちと一緒に点灯式。

小学校1年生の息子にも、マッチの擦り方を教えて、一人で絶対にしないことも教えました。

いいものを購入できました。ありがとうございます。
ゆかりだ。 | 2015/02/12 8:16 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gurikoblog.noniwa.com/trackback/738
この記事に対するトラックバック